「子供英会話」を親が子に教わる

お子さんは子供英会話に通っていますか。10年前ぐらいと比べると、子供達が英語に接する機会はとても多くなりました。

親の皆さんが子供の頃には考えられなかったほど、英語が身近にいっぱいあります。ですから、家庭でどのように英語と付き合っていけばよいのか、よくわからないという方もいます。

習っている子供は、毎週教室で英語で楽しく遊んで帰ってくる事と思います。その日のうちに、今日は何をやったの?とお子さんにいつも聞いているでしょうか?

親は英語が苦手だから、わからないし教えられないという声をよく聞きます。だから、子供には英語をちゃんと習わせたいという気持ちの方もいる事でしょう。

では、ぜひお子さんに英語を教えてもらって下さい。わからないから教えてと、親から言われたら、お子さんは喜んで教えてくれようとするかもしれません。復習しなさいと言われたらしない事でも、「教えて」という言葉に変えると出来るのです。親が知らない事を恥ずかしく思うのではなく、子供が知っている事を褒めてあげましょう。子供が、また親に教えたくてレッスンで英語を学ぶのが楽しくなるならば、大成功です。

いくら子供英会話を習っていても、それ以外に英語に触れずにいれば、上達はなかなか難しいです。塾などであれば、宿題で予習復習などの課題がありますが、楽しく遊ぶ事を中心にしている子供英会話だと、それとはまた違うアプローチの方がいいかもしれないのです。そのように、親子で一緒に英語を学んでいけたら楽しいですね。