得意だった英語が苦痛になった高校時代

最近、英語の勉強が行き詰っていまして・・。

行きづまるのはいつものことなのですが(汗)、なんで行きづまっているのかというと、同じことの繰り返しをしていることに気づいたからです。

基本的な文法や単語をあるていど身につけると、そこで成長がストップしてしまうようで、それ以上のことを覚えたいと思っても全然頭に入りません。

これは私の脳が年齢的に・・なんてネガティブなことを思ってしまいますが、過去を振り返ると高校生のときにはもう「私は限界、もう無理」と思っていました。

高校に入ると、中学までよりも覚えないといけない単語の数が多くなります。それは当たり前なのですが、それについていけなくなりました。中学までは得意科目だった英語が苦痛になってきました。

あの当時のことを思い出すと、今でも苦しくなります。難しい年頃ですし、勉強以外にもいろいろ大変だったので・・。

英語にかぎらず勉強はかなりおざなりになりました。向上心ゼロで、こういう態度の私に先生から何か言われたこともあります。

高校時代もっと勉強しておけばよかった・・と思うのこのごろですが、あんな時代を繰り返すのもいやです。高校時代はやらなければいけない科目が多すぎました(公立に通っていたからかも・・、私立なら違うのかもしれませんが)。学費などにこだわる必要がなければ、もっと違う学校を選んだかもしれません。

今、高校時代の参考書を読んでも頭が痛いです。情けないですけどこれが事実です。