英会話、さて自分はいつかゴールできるのか

海外旅行のみならず、今や普通に街を歩いていても外国の方と接する機会は多いですよね。

日本人同士だと、袖すり合うも何かの縁、すれ違ったり、買い物で同じ商品を見ているだけでもちょこっと短い会話を交わしたりするシーンも多々あります。

これ、相手が外国の方だったらどうでしょう。身を固くして、話しかけられないようにスッとその場を離れたり、、

英会話のできない私はいつもそんな自分にガッカリしながら、英語が話せたらいいな~と強く思うのですけど。

勿論、意を決して小さなコミュニティーで単発開催の気軽な英会話教室に申し込んだこともありましたが、大勢のグループレッスン、英語力もバラバラ。

年齢層は高いけど皆さん結構な英会話力をお持ちであることに気おされて1回でリタイア経験あり。

自宅で一人で聞き流すだけで英語が喋れるようになるという教材も購入してみましたが、結局それもいつの間にか部屋の片隅に追いやられ。

そこで、なぜ英会話ができないのか、自分で自分を分析してみることにしました。

会話というのは言語にかかわらず、コミュニケーション能力ですよね。

自由に言語を操れる自国語だと、人見知りせずどんな場所でも会話に絡んでいくことができるのに、言語が違うだけで尻込みして逃げてしまうのは

おかしいではないか。同じ人間同士、意思疎通は言語のみだけではないはず。

まず相手を怖がらない、話せなくても恥ずかしがらない、単語の連発でもいいのではないか。

いつも思うのですが、逆の立場で外国の方が、文法も無視、発音も間違っている、でも単語を並べて一生懸命話そうとしているのを、

不愉快に思ったり、バカにしたりすることはなく、それでも十分相手の言いたいことが理解できたりしますよね。

つまり、私がおかしな英語を使っても、相手にはなんとなく通じて理解してくれるのであろうということです。

そして私の英会話ができぬ1番の敵は、日本語の会話同様、気の利いた返事をしなくてはならない、間違えたら恥ずかしい、というメンタルな部分だと

実感しているのです。

海外、国内問わず外国の方と片言でいいから堂々と臆することなく会話する、この目標にいつたどり着けるのか。

それは単に度胸、というものだけかもしれません。

参考情報:オンライン英会話で英語に慣れよう!オンライン英会話比較・ランキング