洋楽や洋画を楽しみながら英語の勉強

私あ大学生の頃、アメリカに留学した経験があります。留学自体は確かに英語を勉強するための一つの方法になりますが、留学先でただ英語を勉強するだけでも日本に帰ってから役に立つことはこの時代あまりありません。

私は留学する前から自分で英語を学習してある程度会話ができる程度までレベルをあげていました。まずその頃は無意識にでしたが、洋楽をずっと聞いていました。これは単純に自分が洋楽好きであったからなのですが、この歌の歌詞を覚えたい、歌えるようになりたいという気持ちを強く持っていたので、歌詞をノートに書き写してそれをみながら歌っていました。でも最初は当然歌のスピードについていけるわけもなかったので、アカペラでゆっくり発音を気にしながら歌ってある程度なれたら歌に合わせて歌っていました。

その他には洋画をよく見ることです。洋画は必ず吹き替えではなく字幕で観ます。英語学習にもなるし、なによりその俳優さんのリアルな声のトーンを消してまで映画を理解しようとは思わないからです。洋画で英語学習するポイントは、同じ映画を何回もみることです。

初めは日本語字幕で、2回目以降は英語字幕。そうすると、1回目で映画の内容は頭に入っているので2回目以降、英語のナチュラルな表現が頭に残るし、発音にも気をかけれるようになります。

ネットや、CDショップの奥にある安いDVDの中からお気に入りの映画を見つけてまとめ買いすると、お金もそれ程かけなくて良いです。最後にもう一つポイントがあるとすれば、覚えた英語を日常生活の中で使おうとすることです。別に声に出すことはなくても頭の中でフレーズを思い浮かべるだけでも着実に身についていくと思います。