あのころの英語の勉強を振り返ると

英語の勉強の成果を確かめる方法のひとつに、検定試験を受けるという方法があります。中学生のときに英検3級を同級生達が受けていました。私は試験というものはなるべく避けたいタイプなので受けませんでしたが、苦手だからこそ慣れるために受ければよかったかもしれません。学校で〇点取ったというよりも英検に通るほうが説得力がありますから・・。

検定試験といえば数学検定というものもあったような・・、私が高校生のころに知った検定で、これに受かれば学校の単位がとれるのならチャレンジしたいと思っていましたが、そういうことにはならなそうだったのでやめました。書店で見た問題集のレベルの高さも、やめた理由のひとつです。

こうして数学は無理だと思ったので、せめて英語を強化しようと思っていました。他の科目よりは英語が1番つめこみがきく科目だったので、高校のころは英語はどうにか心配するレベル(赤点のこと)まで落とすことなくクリアしていました。

でもそういうことと実際に英語が使えるかどうかはまったく別でして、私はテストのための勉強しかしてなかったです。

もっとしっかり勉強していたら、英検とかTOEICなどの検定試験に挑めたかもしれませんけど、そこまでのレベルでもないので・・中途半端にしか勉強してなかったということです。

あのころの勉強は何だったのだろうと思いつつ、今も勉強しています。今度こそは使える英語をと思っているのですが、”使える英語”とは何だという問題もありますよね・・。