英文法の重要性は英語のアウトプットによって実感できる

英文法を習得する為には、アウトプットは必要だと考えます。実際にアウトプットをしてみない事には、会話や作文の為に英文法が必要か否かもピンとこない事が多いからです。英語で話す為には、少なくとも英会話は必要だと思います。英会話の定型フレーズなどを覚えるだけでも、ある程度の会話は一応可能です。しかしより高度な会話となると、やはりある程度の英文法のスキルは必要なのですね。文法の知識が無いと、ちょっと高度な会話は難しいと思います。特にビジネス英会話などでは、やはり文法は必要だと思うのですが。それと英作文も同様です。英作文では、文法の重要性は特に高いですね。

文法的に間違った英文を書いてしまいますと、そもそも相手に意味が伝わりません。ネイティブスピーカーに伝わる英文を書く為には、やはり定形フレーズの丸暗記だけでは限界があります。体系的に英文法学ぶことは、絶対に必要なのですね。

ただその重要性は、実際に作文や英会話などでアウトプットをしてみないと、やはりピンとこないと思います。英文法が重要だといくら強調されたところで、具体的にどのように文法を活用すれば良いか、今一つよく分からないというのが本音ではないでしょうか。ですので文法の習得を試みるのであれば、やはりアウトプットの練習は必要だと思います。単純に英文法のインプットをするだけでは限界があるので、アウトプットの練習を欠かさないようにしたいものですね。インプットだけでなく、自分で英語で表現する事も必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする