ビジネス英会話は実践に限る!

海外(英語圏)在住十数年になります。今は専業主婦として、家事育児に忙しくしている毎日ですが、わたしもその昔、英語力を磨くべく、日本でいろいろな英語学校に行きました。そしてこちらの大学に留学し、現地の中小企業で働くという貴重な経験もしました。しかし、その経験を通して、「ビジネス英会話」ってあんまり勉強しても意味がないように思います。

日本の大学在学中に、英語圏への語学留学を経験し、もっと英語力を磨いて、海外就職をしたい、と強く思い、日本にいる間から英語力を磨くべく、通訳・翻訳者の養成学校や、英会話学校でビジネス英語も勉強しました。

いろいろな経済用語や政治用語も学ぶことができたので、全く無駄ではなかったと思います。それに、ネイティブスピーカーの先生に、英語圏の人とビジネスをする際に勘違いされがちな日本人的ジェスチャーや言い回しも学ぶことができました。しかし、やっぱり実際にビジネスのシチュエーションにならないと、絶対にビジネス英語は上達できないです!

こちらに留学してから、留学センターでアルバイトをする機会があり、そこと提携している語学学校のスタッフ(もちろんネイティブ)と授業についての説明など聞いたり、授業料の割引の交渉をしたりしたのですが、そのときに日本で学んだビジネス英会話の例文なんて、パッと浮かびませんでした。ただ、自分が知っている語彙を駆使して交渉していくうちに、だんだんと身についてきましたし、自信もついてきました。

ビジネス英会話は学ぶものではなく、実戦で自然に身についてくるものだ、と実感しました。